メゾン マルジェラ×リーボックのスニーカー「メモリー オブ」パーツを解体した「クラシックレザー」など

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)は、リーボック(Reebok)とコラボレーションしたスニーカー「クラシックレザー メモリー オブ」「クラブ シー メモリー オブ」を2022年3月25日(金)に発売する。 新作スニーカー「クラシックレザー メモリー オブ」「クラブ シー メモリー オブ」には、メゾン マルジェラのクリエイティブ・ディレクター、ジョン・ガリアーノが提起するハウスコードを反映。服やアクセサリーを解体し、かつての記憶を可視化するかのようなディテールを描き出す「メモリー オブ」のテクニックを落とし込むことで、リーボックの伝統的なスニーカーを再解釈している。 「クラシックレザー メモリー オブ」は、通常は隠れているフェルトのライニングが露出し、スニーカーの内部構造をあえて表に出したデザインが特徴。かかと部分を支えるパーツが取り除かれることでノッチとヒールキャップが露わになり、核となる構造を明らかにするメゾン マルジェラの「デコルティケ」カットを施すことで、表面の一部が切り取られ、ヒールタブがむき出しになっている。 一方、「クラブ シー メモリー オブ」は、ヒールタブ、クロスチェック、アイレットタブといったレザーパーツがまるで未完成であるかのように仕上げられたスニーカー。 【関連記事】:トラベルなどの最新情報をお届けします

スウッシュ型カラビナを搭載した Nike Air Force 1 ’07 PRM “Carabiner Swoosh”が国内3月31日に発売

新作スニーカー ナイキ AF1(エアフォース1) ’07 プレミアム “カラビナスウッシュ”が登場。[DH7579-100 / DH7579-001] 「Nike(ナイキ)」の新作スニーカー Air Force 1 ’07 PRM “Carabiner Swoosh”(エアフォース1 ’07 プレミアム “カラビナスウッシュ”)が、国内2022年3月16日(水)より発売予定。 アメリカ大統領専用飛行機『エアフォースワン』にちなんで命名されたナイキの人気スニーカー「Air Force 1(エアフォース1)」は、「ナイキ エア」を搭載した世界初のバスケットボールシューズとして1982年に初登場。シューズデザイナー Bruce Kilgore(ブルース・キルゴア)が手がけたそのアイコニックなシルエットは様々な人々に愛され続け、今年遂に40周年を迎える。 今作ではホワイトカラーのレザー素材アッパーにブラックのシュータン、ヒールパッチ、サイドの小ぶりなスウッシュを組み合わせてシューズを構築。外側スウッシュ部には4つのループが括り付けられ、付属するハバネロレッドカラーのスウッシュ型カラビナを装着することが可能。その他にもシューレースデュブレや左右非対称カラーのシュータンラベルなど、細かいディテールを擁した一足となっている。また、ブラック/ブルーカラーの色違いモデルも展開する。 詳しい発売日や国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。2022年で40周年を迎えるエアフォース1は、今後様々な新作モデルのリリースが期待されるので、こちらから欠かさずにチェックしておこう。 【関連記事】:2行の最先端を取り入れる人気ブランド

メゾン マルジェラ×リーボックのスニーカー「メモリー オブ」パーツを解体した「クラシックレザー」など

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)は、リーボック(Reebok)とコラボレーションしたスニーカー「クラシックレザー メモリー オブ」「クラブ シー メモリー オブ」を2022年3月25日(金)に発売する。 新作スニーカー「クラシックレザー メモリー オブ」「クラブ シー メモリー オブ」には、メゾン マルジェラのクリエイティブ・ディレクター、ジョン・ガリアーノが提起するハウスコードを反映。服やアクセサリーを解体し、かつての記憶を可視化するかのようなディテールを描き出す「メモリー オブ」のテクニックを落とし込むことで、リーボックの伝統的なスニーカーを再解釈している。 「クラシックレザー メモリー オブ」は、通常は隠れているフェルトのライニングが露出し、スニーカーの内部構造をあえて表に出したデザインが特徴。かかと部分を支えるパーツが取り除かれることでノッチとヒールキャップが露わになり、核となる構造を明らかにするメゾン マルジェラの「デコルティケ」カットを施すことで、表面の一部が切り取られ、ヒールタブがむき出しになっている。 一方、「クラブ シー メモリー オブ」は、ヒールタブ、クロスチェック、アイレットタブといったレザーパーツがまるで未完成であるかのように仕上げられたスニーカー。 【関連記事】:トラベルなどの最新情報をお届けします

Gucciが偏愛するこれらのファッションの元素はとても春です。

どうしたのか分かりませんが、2019年以来の天気が不思議になりました。北方には雪が何度も降っていません。南方は長雨続きで、馬上種の太陽が出てくるのが嫌です。しかし、幸いにも暖かい季節までもう遠くないです。広大なデニムのスーツとコートに溺れたくないです。宝石方面で心を込めて、Gucciが好きなこれらのファッション要素は春です。
GUCCI(グッチ):レディース財布|ブランドショップハピネス
ブローチは四季を通じて着用できるおしゃれな神器ですが、胸元につけるのは基本的なものです。春先にはブローチと帽子を組み合わせることができます。そうすると、ブローチの新しい用途が発揮され、新鮮で面白いです。Gucciのファッション的なアクセサリーとシルバーアクセサリーシリーズのこのブローチはいい選択です。上の一枚は復古路線を走り、復古金色の効果金属を採用してダブルGロゴを作り、宝石と組み合わせたいです。以下は宝石緑色のエナメルコーティングで、バックのテクスチャも巧みに描かれています。
方面以外にもサイズも考慮に値する問題です。この時、Oversizedブローチを選んで、コートやデニムのコートを飾ることができます。
ネックレスも春の目を凝らすペンになることができますが、スタイルに工夫を凝らすことができます。例えば、首を突き出すChokerのネックレスや鎖骨チェーンなどがあります。Gucciゴールドシリーズのこのネックは非常に巧みにアルファベットとダブルGマークを組み合わせ、皮のChokerと重ねて着用し、ダブルの驚きを得ることができます。モデルを通してブレスレットタイプも装備されています。
一つの色の豊富のChokerと首のネックレスは春に欠かせない色の法則であり、ファッションアクセサリーシリーズのこの二つのネックレスはカラー水晶をはめてダブルGマークと「LOVED」の字母を引き立たせています。
https://www.topkopi.net/all-301-b0.html
寒い秋冬には簡単な指輪をはめて、きらきらするイヤリングはすぐに完璧な飾りになるかもしれませんが、春先は違っています。これらの基本的なデザインだけでは眼球を引き付けられません。重苦しい冬は最も活力と色に欠けています。これも春に見せたいスタイルです。この2つの要素はGucciグッチのアクセサリーに欠かせないファッション要素です。

アートなシャンパーニュ「ペリエ ジュエ」を”デザイナート

「デザイナート・トーキョー 2018」が開催間近。このデザインとアートの祭典のオフィシャルシャンパーニュに「ペリエ ジュエ」が抜擢された。卓越したクラフツマンシップが生んだエレガントでフローラルなシャンパーニュを片手にアートの世界に浸れるなんて、これはもう絶対に行かなくちゃ!
【GUCCI】メンズ ウォレット(財布)&小物|グッチ公式オンライン
“デザイナート=DESIGNART”を知っている? “デザイン”と“アート”を融合させたこのワードは、“Emotions〜感動の入り口〜”をコンセプトに、心を揺さぶるさまざまなデザインやアートを提供する活動のこと。そのシグニチャーイベントとして、10月19日より「デザイナート・トーキョー 2018」が東京で開催される。このイベントのオフィシャル シャンパーニュに選ばれたのが「ペリエ ジュエ」。長い伝統の中で常にアートと共鳴してきたこのシャンパーニュメゾン、今年は注目の女流アーティスト、ベサン・ローラ・ウッドとコラボして“Hyper Nature”(ハイパー ネイチャー)という新作アートをお披露目する予定。またメイン会場の表参道スパイラルカフェでは、ポップアップバーを実施、期間中はプレステージキュベの「ベル エポック」もグラスで提供されるという。アートファンもシャンパーニュラバーも居ても立ってもいられないイベントの内容を、早速チェックしよう
デザイナート・トーキョー 2018で話題になっているのは何といっても、「ペリエ ジュエ」とベサン・ローラ・ウッドとのコラボレーション。デザインマイアミにも出展し、毎年注目の新進アーティストと協働することで知られる「ペリエ ジュエ」が、ここ東京でイギリス人女流アーティストとのアート作品を発表することは、アートファンの間で注目の的。シャンパーニュは自然の産物であることから、自然の営み、繋がりを象徴する大きな樹=“Hyper Nature”(ハイパー ネイチャー)というインスタレーションを「ペリエ ジュエ」のために現在製作中(写真中央がその一部)。さらに、このアート作品が鎮座する空間を創るのは、空間デザインを基軸に国内外で活躍しているデザイナーの松村和典。彼が手がける「ペリエ ジュエ」の世界観のなかに、アートと自然とを融合したオブジェがどのような波動を起こすのか。多くの人びとが公開を待ち望んでいる。
「ペリエ ジュエ」が今年コラボするアーティスト、ベサン・ローラ・ウッド。彼女をひと目見れば、誰しもその個性あふれるルックスとチャーミングなキャラクターの虜にならずにはいられない。英国の名門デザイン学校を修了後、インテリアやファッションなどの幅広いフィールドで才能を開花させているべサンは、そのスタイルも見るからにアーティスティック。ヘッドアクセから衣装、足元までさまざまな色と質感でレイヤードされたまるで作品のようなファッションや、既成概念にとらわれないノールールのメイクアップで人々を魅了する。
https://www.topkopi.net/all-301-b0.html
世界の名だたるデザインギャラリーにその作品が置かれ、「ペリエ ジュエ」のみならず、多くのファッションブランドからもラブコールが絶えないのもうなずける